1. TOP
  2. 仲間を知る
  3. インタビュー

interview 社員インタビュー

いま経験を積んでいることが、

目指す先の道へつながっています。

そんな手応えを感じながら。

長島 KBスーパースタジアム
リーダー
本間優作 YUSAKU HONMA

初めての業界、
初めての土地に慣れるまでの時間を超えて。

新卒採用での入社からしばらくは、覚えることが多くて大変でした。もちろん新入社員研修もありましたが、私にとってそれまでの人生の中で関わりが全くなかった業界ですから。アルバイト経験者はもちろん、パチンコやスロットで遊ぶ経験もなかったんです。
さらに、入社後半年ほどのタイミングで昇格し、京都から三重の長島へ異動がありました。新しい土地での暮らしにも、慣れるまで少し時間がかかりましたね。
いまはある程度仕事を覚えたことで余裕が持てるようになりました。ここでの暮らしにも自分なりのリズムができたように思います。
仕事を覚えるにつれて、景色が変わって見えてきたような感覚ですね。

いずれ、人財の採用・育成に関わる仕事を
やってみたいから。

入社当時から現在も、人財に携わりたいという希望を持っています。そのためにも、現場を知り、学ぶことは重要です。まったく知らないでいるよりも、きっと理解できることや話せることが格段に増えるはずですから。店舗でアルバイトの教育を担当することがあり、その度に感じるのは、やっぱり自分はこの分野が好きなんだなということです。
木下物産でホールを任されている店長は、すごい人たちです。できればいまのうちに、いろんな店長たちの人の活かし方、動かし方を見て学んでおきたいと考えています。

「いくらでもポストはある」という言葉が
背中を押してくれます。

いま、人財採用の仕事をしている先輩からも、「能力と気概があれば道は拓けるはず」といわれています。「挑戦と変革」を理念に掲げ、実践している木下物産ですから、これは決して大げさな表現ではないのだと思います。
誰にでもチャンスはあるし、自分にも必ずある。それを信じて、急ぎ足で力をつけていきたいと思います。